タグ : プリウス開発秘話

プリウスの生産台数の悲喜こもごも

東京オフィスで使っていた走行距離12万キロの2代目プリウスの後継車として、3月に発注していたアクアが先週やっと納車されました。何とかエコカー補助金が切れる前の納車になったようです。アクアはプリウスの弟分、小型ハイブリッド …

「リオ+20」国連持続可能な開発会議

今日からブラジル・リオデジャネイロで国連持続可能な開発会議、通称リオ+20が開催されます。1992年に同じくリオで開催され、「環境と開発に関するリオ宣言」やリオ宣言を具体化するための行動計画である「アジェンダ21」が採択 …

ハイブリッド開発に連なるビッグ車両主査のDNA

先月の22日トヨタ自動車から、トヨタ/レクサス・ハイブリッド車累計販売台数が400万台を突破したと発表がありました。1997年のハイブリッド車販売開始から15年にしての400万台達成です。 トヨタ最初のハイブリッド車 実 …

ハイブリッド技術発表から15年

はじめに  今日、省エネルギーと地球温暖化防止に資するため、CO2排出量の削減が国際的な課題となっています。自動車にとってのCO2削減は、燃費を改善、向上することであり、排出ガス清浄化や安全性確保とも両立することが必要で …

ハイブリッドとレーシングカー

トヨタ、ハイブリッドでレース参戦 トヨタは今年のFIA世界耐久選手権(World Endurance Championship)に、ハイブリッド車TS030 HYBRIDで参戦することを発表しました。 参戦初戦は5月5日 …

「アメリカのプリウスの父」との思い出

デイビッド・ヘルマンス ―アメリカにおけるプリウスの父― アメリカで “American father of the Prius.” と呼ばれたトヨタのエンジニアがいました。彼の名は“David Hermance”、私よ …

「電池はなまもの!」

240個の直列電池 この「電池はなまもの!」というセリフを聞いたのは、私が初代プリウスのハイブリッド担当として豊田市のトヨタ本社にある技術部に赴任してすぐの時でした。 チームのハイブリッドシステムの基本制御構成企画を担当 …

COP3・COP17とプリウス

COP17が閉幕 南アフリカダーバンを会場に行われていた、地球温暖化問題緩和に対する、国際的な取り組みの枠組みを取り決める国際会議、COP17が、難産に難産を重ね、将来の取り組み方向を決める共同声明発表にこぎ着け、閉幕し …

想定外を想定する未然防止手法GD3

今回のタイトルは最近出版された本の書名です。著者は吉村達彦さん、トヨタOBで私の尊敬する先輩です。信頼性工学の専門家で、ながらく車体や自動車部品の強度設計評価、設計品質、信頼性品質向上に尽力され、トヨタ退社後は九大教授、 …

14年間のハイブリッドの歩み

プリウス累計販売台数200万台突破 10月7日にトヨタ自動車からプリウスの累計販売台数が、本年9月末までに約201万2千台と、200万台を突破したと発表がありました。初代プリウスの発売を発表したのが今から14年前、199 …

« 1 2 3 4 »