自動車技術動向の調査及びそのコンサルタント業務。ハイブリッドおよびプラグインハイブリッド動向調査およびそのコンサルタント業務

メンバー紹介

cordia_member

 

■八重樫 武久(やえがし たけひさ)

略歴

・1943年10月生まれ、北海道札幌市出身。
・1969年 北海道大学大学院工学研究科機械工学修士課程を修了、同年トヨタ自動車工業(株)入社。クラッチ、ミッションの設計を担当の後、1971年11月にクリーンエンジン開発プロジェクト(マスキー法対応)要員として東富士研究所に異動。以来一貫してクリーンエンジンの研究開発に従事。排気浄化システムを中心にエンジン制御、燃料噴射系、燃焼制御、過給エンジン、リーンバーンエンジンの開発を担当。1989年からは、アメリカ加州LEV(Low Emission Vehicle)、排気浄化システムの故障診断(OBD)などクリーンエンジン全般の開発統括リーダを務める。
・1996年3月 初代プリウス搭載ハイブリッドシステム開発リーダの指名を受け、本社技術部に異動。量産自動車として世界初となるプリウス搭載トヨタハイブリッドシステム(THS)量産開発をリード、1997年12月生産
・販売開始にこぎつける。以降、自動車用ハイブリッドシステムの開発統括リーダとして開発戦略策定、2003年プリウス搭載のTHSIIなどハイブリッドシステム全般の開発に従事。
・1997年3月 北海道大学より工学博士を授与される。
・1999年 ハイブリッド開発統括としてトヨタ自動車(株)理事就任
・2005年11月、トヨタ自動車(株)を退職、ハイブリッド開発のアドバイザとしてトヨタ・テクニカルデベロプメント株式会社(TTDC) 技監就任。
・2008年11月 TTDC 技監を退任し退職
・2008年11月 自動車環境技術コンサルタントとして現職
フランス電力公社(EDF)、トヨタ自動車(株)他、のハイブリッド技術アドバイザ
・2009年 トルコ、スウェーデン、フランス、デンマークでの環境自動車関連フォーラムで講演

 

 

■星 博彦(ほし ひろひこ)

略歴

・1972年東京工業大学無機材料工学科卒。同年トヨタ自動車入社、以来、国内外の主要石油会社や、研究所との共同研究や連携も含め、一貫して、自動車用燃料の研究および、自動車用エネルギーのシナリオ策定や調査に従事。その間、潤滑油やトライボロジー材料、などの開発も担当。
・1985年頃からは自動車工業会の委員として国際的な燃料規格調和や、国内外の石油会社、各国政府関連等との連携を通じ、世界の自動車用燃料品質向上を推進。
・2000年以降は国際的な活動および資源エネルギー庁関連の各種委員会委員としてエネルギー面からのモビリティシナリオの策定に従事。
・その後、2006年から2012年3月トヨタ自動車を退職するまでの間は、国際的な各種エネルギー機関と連携してエネルギーに関する調査、分析を担当、
・2012年以降は株式会社コーディアでエネルギー、自動車用燃料の動向調査と分析を行っている。

hoshi

 

 

■衣笠 幸夫(きぬがさ ゆきお)

略歴

・昭和51年 早稲田大学大学院 理工学研究科 機械工学専攻 熱工学専修 修了  同年トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)に入社
・エンジン技術分野で米国向けエンジンの排気低減技術/制御システムの先行開発に従事(昭和51 -65年)
・Toyota Technical Center USAに出向,排気/燃費認証,技術調査業務に従事(昭和60 -63年)
・米国を中心とした技術/法規渉外業務に従事(昭和63 -平成26年)
・JCAPに出向,上席主任研究員として,各委員会,部会のまとめと、大気シミュレーションのための自動車排出データを中心に取りまとめ(平成17-19年)
・日本機械学会エンジンシステム部門 代議員,基礎教育講習会委員会委員(平成20-22年)
・平成26年トヨタ自動車を退職
・平成27年~ 株式会社コーディアにて次世代自動車技術動向調査業務(自動車環境規制および試験法動向、低燃費・クリーン技術と)を担当

kinugasa

会員向けサイト レポート事業のページ
コーディアブログ コーディアのブログ
講演・取材依頼の問合せ コーディア社長の講演依頼
PAGETOP
Copyright © 株式会社コーディア All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.